個人アプリ開発者がふるさと納税して確定申告してみた

 

ので、メモしておく。

 

 

「平成29年度の所得税及び復興特別所得税の確定申告書B」の第二表だ。

16番の欄にこんな感じで入力。

f:id:hatesatekite:20180225111734p:plain

寄付先が複数あった場合でも「〇〇、他」みたいな感じで良いようだ。

 

 

また「住民税・事業税に関する事項」の右端にあるこちらの欄にも金額を入力する。

f:id:hatesatekite:20180225112008p:plain

こうしないと住民税が安くならない。多分。

 

 

第一表の「所得から差し引かれる控除」はこんな感じになるはずだ。

f:id:hatesatekite:20180225112225p:plain

2,000円は自己負担になる。

 

 

所得税がどれだけ安くなったか確認してみよう。

まずはふるさと納税適用前。

f:id:hatesatekite:20180225112521p:plain

 

 

そしてふるさと納税適用後。

f:id:hatesatekite:20180225112414p:plain

俺の場合、還付金が49,900円増えたぞ。

あれ?15万円寄付したのに5万円しか安くならないの?

 

いえいえ、あと10万円分は翌年度の住民税が安くなるわけです。

そちらも検証しないとですね。