なにげない一日。

死にたい。

と思う頻度は昔の自分と比較すると随分と減った。

今ではひどく落ち込んだ気分になることは滅多にない。

数年に一度程度だと思う。

 

 

そして、今日がそんな日だ。

 

 

きっかけはちょっとしたことだ。

自分の無力さに絶望し、何もかも無駄に感じる。

誰にも知られず消えてなくなりたい。

自己否定。

 

思えばこんなことの繰り返しの人生だった。

生きていて良いことなんて何もない。

自分は幸せになってはいけない種類の人間だ。

そう自分に言い聞かせてきた。

 

 

だけど、もう、自分に正直になるのはやめよう。

今日から、オレは嘘をついて生きよう。

自分は世界で一番幸福な人間なんだ。

 

そう自分にウソをつくことに決めた。

なにげない1日が、また、終わった。